HOME  >  協会からのお知らせ  >  驚異)パルゴン祭りがパルゴン革命に!!!
2018年07月29日

驚異)パルゴン祭りがパルゴン革命に!!!

〇〇〇 さん、こんばんは!

 

いやーーー、昨日のパルゴンの
プレゼントキャンペーン、
すごかったです!

 

メルマガスタンドがいけてないので
お昼の12時にセットできずに
12時20分に設定したのですが

「メルマガがまだ来ません!!!」の
苦情が事務局に殺到。

 

事「先生、メルマガ配信してください!!!」
私「そんなこと言っても、メルマガスタンドが・・・」
という軽い攻防戦があった後
無事に発信しました!

 

が!!!!

 

サーバーが落ちるかと思うぐらい
すごいお申込みの数でした!!!

 

その数、30分で1000件以上。

しかも、その後も
まだまだ申し込みは続く・・・

 

結局、今の現在の時点で
100名の定員枠に、
2164名の応募がありました!!!

 

これはもう、パルゴン祭りではなく
パルゴン革命でしょーーー

 

でね!

 

この革命には、まだまだ続きがあるのです。

 

なんとパルゴン、
発売2日にして、5000部の重版が
決まりましたーーーー

 

これで4冊目の本になりますが
こんな数の重版は、初めてです。

 

ところが!

 

夜になり、出版社の
ワニブックスさんから連絡があり

「重版が、5000部から8000部に
変更になりました!」と。

 

驚!

驚!

驚!

 

なんか、今年の運を
一度に使ってしまったのか?!
と思うくらい、ビビりました!!!

 

ところが!(2回目)

 

先程、またもやワニさんから連絡が!

 

なんとなんと、
重版が10000部に
変更になりました!と。

 

あまりの凄さに
恐れおののいた私。

 

びびって、
ワニさんの編集担当さんに
こんな質問をしてみました。

 

「10000部の重版がすごいことは
理解できたのですが、
なにゆえ新参者なので
どのくらい凄いのかが、よく分かりません。
教えていただけますか?」

 

そこで、編集担当さんから
こんなメールをいただきました。
そのまま引用しますね。

(編集担当さん)
もちろん会社ごとや
本によってもいろいろ
あるかと思いますが、

この出版不況の中、
はじめての児童書で
しかも発売4日目で
10000部の増刷が
決まるのは、

1
野球でいったら
野茂英雄が
メジャーで成功した
ようなもの。
(もともと他ジャンルで
実力があった人が
新天地で活躍)

2
サッカー日本代表
で相手チームの
8割がレッドカードで
退場になったくらいの
大チャンス

3
レストランでいったら、
ミシュランの人がきて
前菜を食べた時点で
うますぎて
いきなり三ツ星を
くれたようなもの

4
「夏休みだしちょっと日本一周行ってくる」
とボロボロの自転車で
出発しようとしたら、
「これ乗ってけ」と
ランボルギーニの
鍵をわたされたようなもの

5
「テストで100点とったら
おもちゃ買ってあげる」
両親にいわれて
がんばって100点とったら
100万円わたされて
好きなの買いな、釣りはいらない、
といわれたようなもの

といった案配でしょうか。
うまい例がなかなか
おもいつきませんが笑、

とくに児童書は
少しずつ増刷を
重ねるのがセオリーなので、

いきなり
10000部の増刷は
かなりすごいと思います!!

普通の書籍でも
5000部でおぉ!
と思いますが、

まさかの倍ですから。
累計10000部いかないで
きえていく本が
ほぼ大多数のなか、
増刷で10000部ですから。

 

という何とも編集の
お仕事をされている方らしい
面白い例えをいただきました。

 

私、スポーツに興味がないので
(オリンピックもワールドカップも
見ないたちなので)
1と2の例えがピンとこなかったのですが、

最近、諸事情により
チャリに乗る機会が多く
4が一番理解しました。

(実は私、電車にも乗らず
タクシー生活を3年ほど続けているので
チャリに乗っていると、社員にも驚かれるレベル)

 

よく分かりました!

(私)
浅草在住の私が
甚平を来て盆踊りに行ったら、
リオのカーニバルにスカウトされて、
セクシーダンスを踊る
お姉さん軍団に囲まれながら
最前列で踊るぐらい?

とにかく凄い神がかり的な幸運な
事態になっていることが、
理解出来ました!

 

(編集担当さん)
すばらしい例えですね笑!

幸運でなく
間違いなくご実力です!!

それこそ
幸運で10000部は
まずありえません!

 

そうなんだーーー
実力なんだーーーー
私、児童書を書く
実力があったんだーーー

 

だとしたら、
今まで出会った男子小学生のおかげだよーーー

君たちの理解不可能な
学校にランドセルを忘れる、とか
学校から友達の靴を間違って
履いて帰る、とか
言われたことは基本3分で忘れる、とか

あの時のあんなことやこんなことが
私に児童書を書く才能を与えてくれたんだね。

 

ありがとう、
世の中の宇宙人男子だちよ!!!

 

と、浅草の夜空を仰ぎました。

 

こうして、私の人生を変えてくれた
まさにパルゴン革命!!!

 

パルゴンを応援してくださる皆様、
本当にありがとうございます!!!

 

・・・

・・・

・・・

違うだろーーー
そういうことじゃないだろーーー

 

100名限定の
お子さんの名前が入ったサイン入り本と
の47都道府県カードプレゼントの
抽選は、どうなっているんだよーーー

というところが、かつくら さんの
一番の気がかりですよね???

 

だって、2164名の方が
応募されているのですから
倍率は20倍以上!!!

 

それについては、長くなりましたので
また明日のメルマガで!!!
(怒られそうですが)

 

只今、事務局が大混乱。
この件だけのメールの
問い合わせだけでも200件以上!

 

なので、明日まとめて
詳細をお知らせさせていただきます!

 

発信時間は・・・

えーーーっと、
実は次の子育て本の原稿の締め切りが
明日に迫っておりまして・・・

何時になるかな・・・?

 

気長にお待ちくださいませ!爆