HOME  >  協会からのお知らせ
2017年12月28日

誤解されるブツ

新幹線に乗る時は、
大抵グリーン車に乗る。

 

理由は仕事が出来るから。

 

必ず電源がついているので
パソコンが使えるし、
席が広いせいか
画面を見ていても、酔う可能性が低い。

 

グリーン車には
飛行機で言うところの
スッチーのお姉さんがいる。

 

この方が、毎回
ふっかふかのおしぼりを
配ってくれるので
私はそれを楽しみに乗る。

 

このおしぼり、
使い捨てなんだけど
厚手ですごくいい。

 

街で配っているティッシュを
もらわない私だが
このおしぼりだけは
必ず持って帰る。
(どうでもいい、いらない情報ですね)

 

今日、新幹線に乗っていたら
このお姉さんに
「お客様、そちら捨てましょうか?」と
声をかけられた。

 

はて… 
捨てる物などあったかな?

とお姉さんの視線の先を追うと…

お姉さんが見つめていたもの、
それは、ギュッと口をかたく結んだ
白いビニール袋。

 

た、たしかに
ゴミに見えるかも・・・

 

私も中身を知らなかったら
赤ちゃんの使用済みおむつの
汚物が入っているとしか思えない・・・

 

 

でね、この時、
ハッと気が付いたんです。

 

人は、過去の経験で
勝手に憶測して
ものを見ているんだって。

 

このお姉さんは
仕事の経験上、
ビニール袋に入っているものは
ゴミだった過去があり

お母さんの立場で見れば
子育ての経験上、
ビニール袋に入っているものは
汚物のおむつだった過去がある。

 

人の現在の見方は
過去により造られているんだね。

 

18になる娘のものの見方は
過去の私の子育てで出来ている。

だったら、私は
楽しい人生を送る義務がある。

そうしないと
娘の未来は、
「人生は辛く大変なもの」
と刷り込まれてしまう。

 

幼い頃の私は
「大人になるって大変だよ」
「大人になったら苦労するよ」
「勉強は大変だよ」
「勉強は苦労してやるものだよ」
と育った。

 

「そんなものなんだ」
「それが当たり前なんだ」
と疑問すら持たなかった。

 

でもね、娘が6歳、私が36歳の時に
泣きながらプリントをする娘を見て
はたと気が付いた。

「楽しく勉強してほしい、
と思っているのに
私のやっていることは
真逆のことではないのか?!」

そこから、どうやったら
楽しく勉強出来るのか
そこだけにフォーカスして
フォーカスして
フォーカスしたら、
ここまで来てしまいましたーーー

 

「この子は勉強が出来ないから」
と過去の経験で判断し

「旦那は私のことも子供のことも
理解してくれないから」
と過去の経験で判断し

「どうせ自分は変われない」
と過去の経験で判断し

今、目の前にあるものを
勝手にゴミだと汚物だと諦めている。

お母さん、私たちは我が子のために
楽しい人生を送る義務がある。

その背中が我が子に
「人生は楽しく素晴らしいもの」
と教えていく。

 

 

 

「お客様、そちら捨てましょうか?」と
もう一度、新幹線のお姉さんに言われた。

 

「だ、だ、だいじょうぶです!」
「…宜しいんですか?」
というやりとりがしばらく続いた…

 

だってこれ、
干し芋だもん!!!

ゴミでも汚物でもなく
美味しい

美味しい干し芋だもん!!!

 

グリーン車に
ビニール袋入りの
干し芋を持ってくる人は
いないのだろうか・・・?

 

お姉さんが去った後
速攻で干し芋をバッグにしまった・・・

2017年12月26日

左乳房の痛み

顔を洗って着替えをしたら
「ズキッ」と左胸に痛みが走った。

「あれっ?」とは思ったが
新幹線に乗り遅れないように
急いで家を出た。

 

その日のスケジュールは
立て込んでいた。

 

7時 東京→大阪の新幹線
2時間半PC作業

10時 異業種交流会

12時 ランチ会

14時 面談

15時半 大阪→東京の新幹線
2時間半PC作業

18時半 打ち合わせ
カルタ3つ?4つ?作る

19時半 帰宅 メルマガ&翌日の面談の資料作り

 

全ての仕事が終わって一息ついたのが
24時過ぎ。

 

その時、また
左胸が痛んだ。

 

そう言えば・・・
今日は一日痛かったかも。

 

仕事に追われて
気にしないようにしていたけど
明らかにおかしい。

 

今もちょっと動くと
左乳房の下あたりが
ズキッとする。

息をしても痛い。

もし病気だったら
どうしよう???

娘は高校生だから
まあ何とかなるとして
仕事がたくさんあるのに大丈夫かな。

 

いろんな不安が一気に
溢れて来た。

 

とりあえず
お風呂に入りながら
乳房の状態を見ようをと
脱衣場に向かった。

 

洋服を脱ぐ。
ブラジャーをはずす・・・

あれ?
はずせない?!

ホックがはずしにくい・・・

なぜ、はずし難いのだろう・・・

 

あれ???

あ・・・ れ・・・???

 

なんと私、
ブラジャーを
裏にして
つけていた!!!

そりゃー、
ワイヤーがあたって
痛いわけだわーーー

 

っていうか
朝どうやって、
ホックをとめたのだろう?
サクッととめたよね???

私って天才じゃない?

面白すぎーーー

 

この奇行を
誰かに話したかったが
生憎旦那は寝ており
娘はスキー合宿で留守。

 

という訳で、
〇〇〇 さん
シェアしちゃったわーーー

 

男子のいるお母さんには
あるある話ですが
お子さんが洋服を裏と表を間違えて着たり
裏返しのまま着ていることってあるでしょ?

 

「何でこの子、気が付かないんだう?」
って不思議に思ったり
あきれたりするでしょ???

 

大丈夫、多分
お宅のお子さん
将来ブラジャーつけないから。

 

洋服を裏表に着ても
裏返しに着ても痛くない!
↑ えっ、そこーーーっ!!
て言われそうだけど

私も恥ずかしくなかったら
お宅のお子さんも、注意されても
恥ずかしくないわよーーー

 

それ見て「恥ずかしい!」と思うのは
お母さんだけ。

当の本人、
気にしていないから
いくら言っても直らないからーーー

逆に「俺って面白い!」
ぐらいしか思ってないかも。

 

48歳の何十年もブラジャーつけている私も
気が付きませんでした。
痛いのに・・・笑

 

男子の奇行は
笑いに変えられたら全部OK。

 

私も一日痛かったけど
こうしてネタに出来たから
良かった良かった!!!

この投稿をフェイスブックで見た時、
「あーーー、
私はこういう
世界をつくるために

この仕事をやっているんだな。
これが使命なんだね」

と腑落ちした。

 

親勉のインストラクターのトップ、
グランドマスターインストラクターは
2人しかない。

 

しかも2人は、シングルマザー。
(私もよくシンママに見られるけど
実はまだバツがついていない)

 

離婚を推奨している訳でない。

でも、経済的な理由や
父親がいない不憫さから
離婚を選択しない
お母さんたちにはなってほしくない。

だって、お母さんが我慢していたら
子供の心が育たないもの。

 

お母さんたちに
経済的な自由と
子育ての確固たる軸を
築いてもらいたくて
私は親勉の協会を発足した。

 

私からみたら、
インストラクターのお子さんたちは
孫みたいなもの。
あ、そうそう
先日グランドマスターのまきのみさおさんに
「来年、東京に娘を連れて来たときは
大学生になっている
先生の娘さんをシッターでお願いしたい」
と言われたんだっけ。

確かに、親勉も英語も話せるシッター
便利かも・・・

 

話を戻そう。

 

大学生になる娘が
シングルマザーになることもあるかもしれない。

その時は、
「まきのさんみたいになりなさい!」
と良きモデリングとさせていただきます。

 

薬局の経営のしながら
親勉で本業以上の年商
3000万円近くを
売り上げた
まきのみさおさんの投稿より。

 

 

=====

【娘の寝顔を見て思う事】

この連休、5歳の娘と金沢に行ってきた。

出かけるときは、自分で準備し、
自分で荷物を持つのがお約束。

お気に入りのぬいぐるみは、
邪魔になるから
持って行かない方が良いのにな、
と、思いつつも、やはり一緒。

娘が決めたのなら、
ここに私の判断は必要じゃないから
口出しはしない。

 

広島から片道4時間。
兼六園に行ったり、
茶屋街でお買い物をしたりと、
かなりの距離も歩いた。
正直、私も疲れた。

 

それでも、一言も
「疲れた」とは言わずに、
「ママ、お荷物もってあげようか?」
なんて言葉をかけることができる
優しい娘に育っている。

 

グズグズせずに、
一緒に旅を楽しめるようになったこと、

そして、準備から自分のことは、
自分でやるようになったこと、
これらは、
すべて親勉を実践しているからこそ。

 

まだ裁判中で正式な離婚は
成立していないけれど、
私はシングルマザー。

 

娘を一人で育てる覚悟をした時、
ひとり親だから、こんな子に育ったんだよ
ひとり親だから、こんなこともできないんだ
だから、「ひとり親だから」
って言われないように頑張ろう。

 

そして、
娘が、パパがいないことを
辛いって思わないようにしよう。
私1人で育てるんだから。
って思ってた。

 

でも、今は、親勉のみんなに
育ててもらってると、
感じている。

 

どこに行っても、みんなが
娘さんはどうしてるの?って
気にかけてくれてるし、
facebookでの投稿を一緒に見て、
刺激をもらったりしている。

 

たしかに日々の生活は
娘と2人で過ごしている。

 

だから、心に余裕がなくなったりしたとき、
「ちゃんとしなきゃ!」
って思うことだってもちろんある。

 

でも、「ちゃんと」って何?
こうやらなきゃ!って
自分で自分を追い込んで、
辛くてしんどい思いをしているのが、
正解?

 

私は違うと思う。

 

娘が安心して生活できるのは、
私が楽しんでいること。
私が笑顔でいること。

なんですよね。

でないと、私のためにママしんどそう・・・
なんて、思われたら、それは違う!

 

だから、少々部屋が汚くたって、
外食が増えたって、
無理をして
私の心の余裕が
なくなるようなことはしない。と
決めている。

 

金沢からの帰りの車内で、
疲れて眠る娘をみて、
本当に娘のことをが愛おしくなった。

 

本当に私の元に来てくれてありがとう。

 

ママは、あなたのことが本当に大好き。
ママはいつもあなたの笑顔を見ていたい!
そのために、頑張っているよ(^-^)

 

そして、
小室 尚子先生を筆頭に、
親勉仲間の存在は
私にとってとても
大きなものになっている。

 

同じ価値観をもつ、同じ志をもつ
ママ友ではないママ仲間。
このママ仲間の存在こそ、
親勉をやっていて良かったと
思う事の大きな理由の一つです。

 

3000人の方がよむ
子供が賢くなる無料メルマガ
https://www.reservestock.jp/subscribe/68121

親勉グランドマスターインストラクター
まきのみさお

=====

シンママの強い味方、
まきのさんのメルマガ。

 

シンママでなくても、勇気がもらえます。

ぜひ読んでみてーーー

最近、地方のお母さんたちに
講座をする機会がちょくちょくあります。
本日はその時にいただいた質問で
非常に違和感を
おぼえたものがありますので
その体験について書きたいと思います。

 

私は
「40代になったときに
年収2000万円稼ぐ仕事についてないと
あなたの生活は維持できない、と
娘に話している」と言うことがあります。

 

なぜ、2000万円なのか?
そこには根拠があります。

 

現在高校3年生になる私の娘は
小学校からずっと私立に通っています。

そう、ハンパねー
学費がかかります。

その額、年間100万円以上。

 

娘が母親になった時、
子供には自分と似たような環境を
選ぶでしょう。

多分娘は、自分の子供を
小学校から私立に入れると思います。

 

仮に、娘に二人子供がいた場合
年間200万円以上の学費がかかります。

 

教育費は、
収入の15%以内に収めないと
家計を圧迫します。

 

だから、娘には
「40代で年収2000万円」と
説いているのです。

 

結婚したら、配偶者の収入も
プラスされるでしょ?
と思った方、きっといますよね。

 

私は旦那に依存するような
生き方を娘にのぞんでいません。

 

↑の年収は、
離婚することを前提に考えたもの。

 

だから、
2000万円なのです!!!

 

ここまで長い前置きで
やっと本題に入るのですが

先日
「私も、先生のお子さんみたいに
年収2000万円稼げることを
ゴールに教育をしたいのです」
とあるお母さんから言われました。

 

お子さんの年齢を聞いてみたところ3歳。

・・・3歳?
私の気持ちがザワつきました。

 

 

そして、また違う地方のお母さんの話。

「作文を上手に書かせたい。
子供の言葉を上手に引き出す
声掛けを教えてもらえませんか?」
と言われました。

 

お子さんの年齢を聞いてみたところ6歳。

・・・6歳?
私の気持ちが再びザワつきました。

 

 

この時、私がどんなことを思っていたか、
お分かりになりますか???

 

「まだ幼児じゃん!!!

だったら、まずはお母さんが
自分でやった方が
いいんじゃない???」

と毒づいていましたーーー

多くのお母さんは、
自分はやっていないのに

我が子には
読書好きになってほしいと願い

英語が話せるようになってほしい
と願い

勉強が出来るようになってほしい
と願い

2000万円稼いでほしいと
願い

作文が上手くなってほしい
と願い・・・

 

だけど自分では何もやらない主義
の方が、ほとんどです。

 

 

その一方、こんなお母さんも
いるんですよ。

公務員の仕事を辞めて
自分のやりたいことをやるために
一般企業に転職したお母さん。

この前会った時に
「今とても仕事が楽しいです!」
と仰っていました。

 

子供が勉強を頑張っているなら
私も仕事を頑張ろう、
と自営業の利益を
3割アップさせた
お母さんもいます。

「口だけでなく行動で示したかった」
と仰っていました。

こんなお母さん方、
本当に素敵ですよねーーー

どっちのお母さんに育てられた方が
子供が大人になることを
楽しみに出来るのか
一目瞭然ですよね?!

年収2000万円稼ぐように
なってほしいなら
お母さん自身が
やればいいじゃん!!!

 

作文を上手に書いてほしいなら
お母さんがブログやメルマガを
始めればいいじゃん!!!

 

自分がやらないで
子供にだけ託すことを
私は「子育てのリベンジ」と
呼んでいます。

 

我が子に出来るようになってほしいそれ、
お母さん自身が出来なくて悔しいから
我が子にやらせたいだけででょ???

 

自分の人生の悔いを
他の人の人生に託すのは
自分の人生へのリベンジをしたいだけ。

我が子にも同様です。
それは、愛情ではありません。
リベンジ(復讐)です。

 

だって、お子さん
まだ3歳でしょ???
6歳でしょ???

この子たちが大人になる前に
お母さんたちが
やりたいことを叶える時間
たっぷりあるじゃん!!!

 

こういうお母さんって
我が子にやらせたいことは
山ほどあっても

自分がやりたいことを聞かれると
答えられないんだよね。

または出来ない理由を並べて
やらないんだよね。

 

 

子供って、
親が育てたようにしか
育ちません。

by みつお
ではなく、こむお

 

お母さん、
まずは自分がやりたいことを
やってください。

そして、自分の人生と
お子さんの人生を切り離して
考えてください。

 

 

そういう私も
娘に何がなんでも
年収2000万円を
稼いでほしい訳ではありません。

 

あの子が北の国からの
ゴローさんのような生活をしたければ
それを全力で応援します!

 

でも、娘が2000万円稼ぐ方法を
知りたければ
それを教えることも可能です。

 

娘が上手い作文を書きたいなら
それも教えることも可能です。
人生は本気で挑めば
アラフィフだって
何だって出来る!

その背中を娘に見せ続け
実証していきたいと思っています。

昨日私の手には
マジックで
右手の親指の付け根に
大きく「生」と書いていました。

 

そして今日は
「553」と書いてあります。

 

油性のマジックで
でっかく!!!

↑ここポイント!

 

実はこれ、自分が忘れないように
書いた訳ではなく、
人につっこんでもらうために
書いています!

だって私、見ても見ても
忘れてしまうんだもの・・・

でもこの方法だと会った人会った人に
「生(なま)って、なんですか?」
「553って、何ですか?」
と言ってもらえるので、
絶対に忘れません。

(ちなみに、「生(なま)」は、
生命保険のこと。

本当は、「命」と書こうと思いましたが
「命」とさすがに
見た人がギョッとするかな・・・
と思い、「生(ナマ)」に、

553は、歴史の年号ではなく
事務所のある重要番号です)

 

 

このやり方を、私は
他力しずかちゃん方式
と命名しています。

 

本来の他力しずかちゃん方式の
正しい使い方はこうです!

 

〇〇〇 さんのお子さんに
小学生男子がいると仮定します。

 

このお子さん、忘れ物が多い!

何度言っても
上履きを持って帰ってこなかったり
給食袋を持ってこなかったり

学校に提出する手紙を
持たせても持たせても
出すのを忘れたり

宿題をやっても
出すのを忘れたり

「今日は学童に行ってね」と言っても
忘れて直で帰ってきたり・・・

こんなことを毎日繰り返しています!

 

お母さん、あなたのお子さんは
のび太です!

良い意味で諦めましょう!!

 

・・・と言っても、
やはり忘れ物は
ない方が良いですよね。

 

残念ながらお宅ののび太には
ドラえもんがいません。

 

だから、そんな時には、
しずかちゃんを使うのです!

 

ドラえもんはいなくても
クラスには
3人のしずかちゃんがいます。

 

当然のび太と同じ年齢ですが
そこはしずかちゃん、
実年齢よりもかなり大人びて
しっかりしています。

 

しずかちゃんは、
のび太の面倒を見てしまう習性があります。

しっかり者ゆえどうしても
気になってしまうのです。

 

しずかちゃんは
のび太の手にでっかく
マジックで書いてある
「上履き」
「上履き」
「手紙」
「宿題」
などの字を、見逃しません。

「何で、手にそんなものを
書いているの?」と
聞いてくれます。

 

この時のび太は
「あ、そうだった!
今日はこの〇〇を
忘れないようにしないと!」
と思い出すでしょう。

 

これが、しずかちゃんの能力を
勝手に利用させていただく
他力しずかちゃん方式。

 

こちらの方がのび太に
忘れないように
言い続けるよりも
ずっと早く解決します!

 

 

授業参観に参加する時は
のび太の様子を見てはいけません。

だらしのない座り方、
落ち着きのない様子、
ぐちゃぐちゃの机、

イライラするだけです・・・

 

だから、授業参観は
しずかちゃんに
お礼とお願いをする場にしましょう。

 

「〇〇ちゃん、いつもありがとうね。
うちの××、いつも忘れ物をするのよ。
マジックで手に書いているんだけど
それでも忘れるの。

もし、××の手に
何か書いてあるのを見つけたら
「それって、何?」と
声をかけてくれる?」
と話しましょう。

 

しずかちゃんは、世話好きです。

お礼&お願いをされたら、
ますますのび太のことを
気にかけてくれるようになるでしょう!