HOME  >  協会からのお知らせ

一晩で60名の方に
お申込みいただいております。

ありがとうございます!

春休み特別講座
「お金のがっこう」

 

お申込みは、3月24日の
22時までとさせていただきます。

お申込みはこちらから
https://www.agentmail.jp/form/ht/26254/1/

 

 

SNSを見ると、先週・今週と
あちらこちらで卒業式が
行われているようです。

 

私が親として参加出来る卒業式は
あと一回のみ。

娘の大学の卒業式が最後となるようです。
(中学からエスカレーター式なので
大学の入学式には参加しなかった私。

大学の卒業式にそもそも
参加するのかどうか疑問ですが???)

 

今日は、この時期に卒業式を迎えた
お母さんたちにかつて書いた
この記事を送ります。

 

【勝手に謝辞】

親勉を代表し、全ての卒業生の
お母さん方に勝手に謝辞を送ります。

 

数年間、本当にお疲れさまでした。
お子さんの晴れ姿を見ながら、
入学式のときに泣いていた
我が子のことを
思い出すお母さんは多いでしょう。

 

「あんなに小さかったのに、
こんなに立派に育って」
と胸がいっぱいになるに違いありません。

 

きっと、担任の先生に
感謝の気持ちはあふれんばかりでしょう。

 

10年以上前、
保育園の先生をしている知人に
「まゆたん(私の娘・当時4歳)は、
本当にいい子ですね」
と褒められたことがあります。

 

当時、母親として未熟だった私は、
「そんなことありません」
とつい謙遜してしました。

 

嬉しかったのですが、
なんとなく気恥ずかしかったのです。

 

すると、こう返されました。
「子育てって、育てたようにしか
育たないんですよ。
だから、まゆたんがいい子なのは、
小室さんが
素晴らしいお母さんだからなんですよ。
もっと自分を褒めてあげてください」と。

 

その言葉に、とても救われました。

だって私は、

人様に迷惑をかけるようにだけは

ならないように、


と一生懸命に子育てを

していたのですから。

 

その日から、
私はこう考えるようになりました。

 

娘が褒められるたびに、

「それは私が

頑張っているから、

全て私の手柄である!」と。笑

 

今日は、私がこの言葉を皆さんに送ります。

今、目の前にいる我が子が
「こんなに成長した」と思えるなら、
それはあなたが、
お母さんとして日々成長している
素晴らしいお母さんだから。

 

雨の日も雪の日も、
友達とケンカをした日も、
お子さんが登校出来たのは、
「お母さん」という安心して
帰って来れる場所があったから。

 

だから、
お母さんの努力なしに、
お子さんが成長することは
絶対にあり得ません。

 

お子さんも頑張りました。
でも、お母さんも
それ以上に頑張った。

 

卒業式では
お子さんだけではなく
自分も褒めてあげてください。

 

あなたがお母さんとして
とても頑張ったことを
私は知っています。

 

本日は本当におめでとうございます!
お母さんも一緒に卒業です!

お金のがっこうの

申し込みを

開始いたします!

 

・・・とその前に、
こんな質問をいただきました。

 

=====

小室先生

いつも興味深くメルマガを拝読しております。

今回のお金のがっこうについて、
受講を検討しているのですが、
こちらは録画受講も可能とのことで
記載がありますが、
配信から1ヶ月以内でしたら
いつでも好きな時に視聴が可能
という認識であっておりますでしょうか?

開始時間が21時からとありますが、
小さい子どもがいるため
毎回確実に聞くことができない状況です。

恐れ入りますが、お返事いただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

=====

ご質問をありがとうございます。

はい、そのように

理解していただいて

大丈夫です!

 

期間内でしたら、

いつでも何度でも

視聴できます。

 

Sさん、お子さんの寝かしつけに
成功した時には、
リアル受講にぜひご参加ください。
お会いできることを楽しみにしています。

もう一つ、質問がありました!
この方は、親勉&マネリテの
インストラクターの方ですね。

=====

小室先生、
いつもお世話になっております。

いなみしょうこさんに
親勉養成講座を学びました、
インストラクター見習いのKと申します。

今年1月のマネリテ養成講座も
小室先生より受講いたしました見習いです。

 

お金の学校なのですが、
マネリテと内容は同じまたは近いものでしょうか?
それとも、また別内容になりますでしょうか?
興味がありまして、受講を迷っております。

もしよろしければ
お教え願えますと助かります。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

=====

Kさん、マネリテとは

全く違う内容になります。

 

・何が負債で何が資産か分からない
・貯金って一体いくらあったら良いのか
分からない
・投資をしたいけど、何からして良いのか
分からない
・会社経営に興味がある
という方に、ぜひ参加していただきたい、
と思います。

 

春休み特別講座
「お金のがっこう」

日程
①3月31日(水)
②4月1日(木)
③4月4日(日)
④4月5日(月)
⑤4月6日(火)
*開始時間は全て21:00~22:30
*一人で受講しても
親子で受講しても税込み42,900円
*参加者は新中学生以上
*大人の方も参加可能
*ZOOM講座
*録画受講も可能(視聴は配信から1ヶ月間)

 

お申込みはこちらから
https://www.agentmail.jp/form/ht/26254/1/

今度開催するお金のがっこうに参加予定の
高校生2年生から、こんな質問をいただきました。

 

=====

大学卒業後、公務員になりたいのですが、
その場合も不動産は良いのですか?

目立った副業はダメだと聞いたのですが。
私が大学卒業するくらいには、
副業が全職種で可能な時代が来ると
小室先生は思われますか?

=====

こんな質問が出来る
高校生に育てた親御さんが
本当に素晴らしい!

どんな声がけをしたら
こういう質問が出てくるのだろう?
と非常に感心しました。

 

仕事やお金に対して、

鋭い質問をするお子さんは

自然と育つ訳ではありません。

 

「お金は大事」
「仕事は大事」
「無駄遣いしないようにしなさい」
「やりがいがあり、お給料も
たくさんいただける会社に入りなさい」
なんて上っ面な言葉を数百回
数千回言っても
お金や仕事への理解は、何も深まりません。

 

結局は、親がお金や仕事に関して
幼いうちから、我が子に
意識して伝えないことには、
何も変わらないのです。

 

先ほどの高校生の質問の良いところは、
具体的かつ自分の考えを述べている
と言う点です。

 

このお子さんは、
「自分が大学生になる頃には
公務員も副業が出来る
世の中になっているのかな?」
という自分なりの仮説を立てています。

お手本となる質問の仕方、
パーフェクトです。

 

それに対する私の返事がこれ↓

=====

質問をどうもありがとう。
大変具体的で、素晴らしい視点の質問です。

日本の社会は、公務員だけではなく
副業禁止の会社がたくさんあります。

でも現実問題、副業をしないと
お金が貯まらない、という方が
たくさんいるのも事実です。

そういう方に、
お勧めの方法が2つあります。
今日は、〇〇さんに適している方法を
お伝えします。

それは、親勉インストラクターをしている
個人事業主であるお母さんと一緒に
株式会社をつくることです。
その会社に、あなたも役員として登記します。

日本の法律では、15歳以上であれば
誰でも登記することが可能です。

この方法が良い理由は、
・副業がばれない
ということだけではなく、
・節税が出来る、という利点もあります。

では、どうやって株式会社をつくるのか?
詳細については、講座内で教えます。

それから、もう一つ、
株式会社を作らない方法も教えます。
(〇〇さんの場合は
会社をつくった方が良いと思いますが
会社をつくる必要がない人も、
もちろんいらっしゃいますからね)

ぜひ、もう一度、
講座内で質問してくださいね。

この質問はきっと質問は、
他の方にも必ず役に立つはずです。

=====

具体的+自分の考え、を
述べている質問は
対象からの答えを
大きく引き出せるだけでなく、
他の人にも役に立つことが出来ます。

 

もし、○○○ さんが
この高校生の質問に答えられない
または、○○○ さん御自身の
考えがないのであれば、
お金のがっこうが、必要かもしれません。

 

 

・何が負債で何が資産か分からない
・貯金って一体いくらあったら良いのか
分からない
・投資をしたいけど、何からして良いのか
分からない
・会社経営に興味がある
という方に、ぜひ参加していただきたい、
と思います。

 

春休み特別講座
「お金のがっこう」
申し込み開始は、本日3月23日20時から

日程
①3月31日(水)
②4月1日(木)
③4月4日(日)
④4月5日(月)
⑤4月6日(火)
*開始時間は全て21:00~22:30
*一人で受講しても
親子で受講しても税込み42,900円
*参加者は新中学生以上
*大人の方も参加可能
*ZOOM講座
*録画受講も可能(視聴は配信から1ヶ月間)

小室さん

興味深くメールを読ませていただいています。
Nと申します。

私の父は不動産や駐車場での収入があり、
不労所得はなんと素晴らしいんだ!
と数年前から思っていました。

そして昨年主人とアパートを
購入するために会社を設立し、
新築アパート1棟(1K8部屋)を購入しました。

個人ではなく、
会社を立ち上げて購入したのは、
子供たち(現在6歳、4歳、1歳)に
将来残すことを考えたからです。

昨年父が亡くなり遺産を相続したことで、
現金や(東北地方ですが)土地があり、
どう運用していこうか考えているところです。

そのため、最近は「金持ち父さん」の
ロバート・キヨサキの本を読んだりしています。

私は現在会社員で今の仕事にやりがいがあるので、
事業を立ち上げたりするつもりはないのですが、
それでもお金のがっこうは
私自身が受講するのに相応しいでしょうか?

また、以前開講していた、
不動産についての講座は
もうやらないのでしょうか?

お時間がありましたら、
ご回答いただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

=====

Nさん、

ありがとうございます。

 

新築一棟アパートの購入、
おめでとうございます。

 

株式会社も設立し、
ロバートキヨサキ氏の著書で
勉強もされているとのこと。
本当に素晴らしい。

しかも、やりがいのある仕事にも
就いていらっしゃる、ということで
正に、順風満帆ですね。

 

もう一人方、Kさんのメールを
ご紹介いたします。

=====

小室 尚子様

春休み特別講座
「お金のがっこう」の参加を
検討しています。

私はもうすぐ50歳、
現在はフリーランスで働き
給与が額面〇百万弱、
配当収入が額面〇百万弱、
ワンルームマンションを
区分所有で3個利回り5%、

イデコを上限までインデックスファンド購入と
それとは別にインデックスファンドを
定期的に購入しています。

会社員の夫はいますが
当てにならないので仏壇です。

子供は未就学で先日から
子供の名義でも
インデックスファンドの購入をはじめて
子供が18歳になるときに
〇千万の現金と〇百万円分の
インデックスファンドがある状態を目指しています。

こういう状態の人でも
新しい知識を得られるでしょうか。

個人的に困っているのは
私の母が亡くなると
相続税の支払いがあるので
その現金を常に
用意しておかなくてはいけない事です。

いつ死ぬかわかりませんし難しいところです。

=====

Kさん、

ありがとうございます。

素晴らしい投資実績ですね。

未就学児のお子さんの
将来のことまで見据えていらっしゃるなんて
本当に素晴らしい。

 

私も相続税の支払いに
頭を悩ませているので
お気持ちはよく理解出来ます。

 

このような投資上級者の
NさんやKさんが、
お金のがっこうを受講する必要性が
あるのか?ないのか?という
質問にお答えすると・・・

正直、分かりません。笑

 

なーーんて書くと、あまりにも
無責任なので、以下の文章を読んで
受講するか否かを考えてください。

 

私は、お金を上手に
扱えるようになるための視点は
4つある、考えています。

 

それは、
・経営者の目
・税理士の目
・銀行の目
・投資家の目 を持つことです。

 

以前のメルマガで、
「悪い借金の代表例は、住宅ローン」
と、私は書いたことがあります。

 

その事に対して、

・住宅ローンは、収益物件のローンより
金利が安いので、
ローンを組んだ方がお得なのでは?

・場所によっては、子供が独立した後、
自宅を賃貸または、
売却し利益が出す方法もある

など様々なご意見をいただきました。

 

確かに、そういう考え方も一理あります。

でも、この考え方は
投資家の目でしか、見ていないのです。

 

私は、自分のことを投資家と
思ったことはありません。

また、今後投資家になる予定もありません。

 

確かに不動産投資もしていますが、
これは事業としてやっていること。

頭の中は、圧倒的に

投資 く 起業・事業 です。

何なら、一生起業家・事業家でいたい、
つまり経営者でいたい、と考えています。

 

なぜなら、

その方が多くの人を

救えるから。

 

「たくさん稼いでたくさん納税をする」
というのも確かに救えますが、

何より、会社を経営することで
私の過去の学習塾の教え子たち
または、親勉のお母さんたちを
一人でも多く救うことが
可能になると、考えています。

 

今の私であれば、
一人や二人を雇用することは
難しい問題ではありません。

弊社の5人の社員のうち
3人が親勉関係者のお母さんたちです。
(中には、シングルマザーもいます)

 

また雇用しなくとも
取引先として、
仕事をすることも充分可能です。

 

例えば、私の過去の教え子の中には、
稼業を継いで税理士や会計士を目指す
お子さんもいます。

 

そういった元生徒たちに
仕事を振るためにも、
経営者であり続けねばなりません。

 

他に、もう1つの理由があります。

こちらの方が、
私にとって重要なのですが、
元生徒たちが学校や仕事で躓いた時に、
学校や会社に所属しなくとも
自分自信で食べていける方法を
提案したいのです。

それが起業です。

 

中学や高校を途中で
リタイアしてしまった元生徒たちは
銀行で言うところの属性が悪い
状態に陥っています。

 

そうなると、投資をするほどの
元手が出来ません。

 

今の時代、「1万円からの投資」
「10万円からの投資」などもありますが、

投資の利回りは
10%未満が相場なので
これでは生活費の足しになりません。

 

冒頭でNさんが、新築一棟アパートを
購入されました話がありました。

 

もしNさんが、銀行から
融資を受けているのであれば、
それは、Nさんが頭金となる
元手があるのはもちろんのこと
Nさん、そしてNさんの配偶者の
属性が良いこともあらわしています。

 

しかしながら、現実世界の話として、
・シングルマザー
・中卒または高校中退なので
アルバイト生活
・生まれつきの障がいを持っている
などなど、属性が良くない方は
たくさんいらしゃいます。

どちらかというと、私は
こういう人達の役に立ちたい。

 

属性が良くない人、
または今の仕事が合わない人が
人生を大きく変えるための方法として
起業はおおいにありだと、考えています。

 

実際、弊社の協会のインストラクターで
起業したお母さんたちの中にも
収入が増え、次のステップとなる
投資を考えている方は
たくさんいらっしゃいます。

 

だから、私は大学生の娘にも
不動産投資だけでなく、
起業を経験させています。

 

長くなりましたが、
NさんやKさんが
投資の話のみを聞きことをお望みであれば、
お金のがっこうは、ニーズに合っていません。

 

私は、Kさんが仰っているような
インデックスに全く興味はありませんし
上級者に教えるほどの投資の知識もありません。

 

私の一番の強みは、

・私自身が、主婦からどうやって
年商5憶の売り上げをあげる会社を
興せるようになったのか?

・私がビジネスを教えている
受講生のお母さんたちが
どうやって、
年商数千万円規模のビジネスを
興せるようになったのか?

・世の中には儲かるビジネスと
儲からないビジネスがあり
その線引きをどこで見ているのか?

・社員の給料は、どのように考えて
与えたら良いのか?

・経費の配分はどう考えているのか?

・毎週のように電話または面談で
話している複数の銀行員とのやりとりから、
銀行は決算書のどこを見て
会社を評価しているのか?

・会社の節税として、効果的なものは何か?

という、会社経営者の側面です。

 

お金のがっこうは、
中卒でも、高校中退でも、
自分の力で稼ぐ、
ということも踏まえた
・経営者の目(起業)
・税理士の目
・銀行の目
・投資家の目 を持つことを
目標としています。

 

ですから、

投資だけの部分を学びたい

という方は、お断りいたします。

 

あ、そうそう。
大学生の娘が
起業家としての活動の一つとして
今、こんなものを出しています。

 

お金のがっこうに興味のある方は、
なぜ、こんなことをしているのか
理解するためにも、
登録をしておくことをおすすめします。

 

「30秒でわかる!フォント診断シート」
https://system.faymermail.com/forms/3259?from=f

 

これまでに8つの
YouTubeチャンネルの撮影/編集/運営を担当、
年間200本以上の動画を編集している
動画編集者である、杉下まゆが作成しました。

 

・何が負債で何が資産か分からない
・貯金って一体いくらあったら良いのか
分からない
・投資をしたいけど、何からして良いのか
分からない
・会社経営に興味がある
という方に、ぜひ参加していただきたい、
と思います。

 

春休み特別講座
「お金のがっこう」
申し込み開始は、3月23日20時から

日程
①3月31日(水)
②4月1日(木)
③4月4日(日)
④4月5日(月)
⑤4月6日(火)
*開始時間は全て21:00~22:30
*一人で受講しても
親子で受講しても税込み42,900円
*参加者は新中学生以上
*大人の方も参加可能
*ZOOM講座
*録画受講も可能(視聴は配信から1ヶ月間)

 

ちなみに弊社Terakoya Kidsは、
・年商5億円
・私の年収は3000万円以上
・2019年度、2020年度の経常利益は、
4000万円
(経常利益4000万円以上ある中小企業は、
421万社の中のたった3%)
・税金は毎年都内にマンションを
買えるぐらい支払っている
・社員1人辺りの粗利益は、
3600万円

 

ただ今、参加を検討している方からの
質問を募集しています。

中学生・高校生の質問も
楽しみに待っています。

「春休み特別講座お金のがっこうの
申し込みファームはどこにありますか?」
というメールを
多数いただいております。

 

申し込み開始は、
3月23日の20時よりさせていただきます。

定員は50名となります。

興味のある方は、
なるはやでお申込みください。

 

「お金のがっこうに、
申し込みをしたいです!」という
メールをいただくのと同様に
メルマガの解除も止まりません。笑

 

日本人あるあるの話なのですが、
いるんですよねー、お金の話しは下品!
と思っている一定数の方が。

 

まして、教育者がお金の話をするなんて
世も末!と思っている方も
多いことでしょう。

 

わかるよ、その感覚。

だって、私が

そのような家庭に

育ってきたから。

 

幼少期の頃から、
「お金の話をするのは卑しい」と
親に教えられて育ってきた私が
嫁いだ先は会社経営者の家系でした。

親戚が集まる食事会では、
話題の中心はお金儲けの話。

実家とは、ま反対でした。

中でも一番驚いたのは、
80を過ぎた祖母のことです。

それまで、おばあちゃんと言えば
梅干しをつくったり、
繕い物をしているイメージしかなかった私。

 

嫁ぎ先の祖母は
毎日証券会社から送られてくる
FAXに目を通し

経営者と話をするために
スポーツ新聞を欠かさず読み、

月に何度かは、銀行の担当が
自宅に出入りしているような
おばあちゃんだったのです。

 

90を過ぎてからは、
豪華な老人ホームに入居していましたが
その費用ももちろん自分持ち。

こんなことを書くと
すごく良いおばあちゃんのように
聞こえますが、
性格は・・・

なかなか、アグレッシブな方でした。笑

 

でもね、どんなにキツイことを言っても
怒鳴ることがあっても、
最後まで家族の誰かが傍で見守り
愛されてるおばあちゃんでした。

 

もちろん、それは

「お金を持っていた」

ということが、

全てではありません。

 

でも、お金を持っていると許せることも
たくさんある、というのは事実です。

 

孫の嫁にあたる私は、たまに祖母から
電話がかかってきました。

 

「電球が切れたから」
「お米がもうすぐなくなるから」
とおつかいを頼まれるのです。

 

でもね、アグレッシブな性格ゆえに
言われた通りのものを購入しても
「やっぱり、違うものと交換してきて」
と言われること、ほど毎回。

 

「ばばあ、いい加減にしろよ・・・」と
思ったことはありません。

その理由は、私が優しいからではなく
お駄賃として数万円をいただいていたから。

確かにやっかいなお使いですが、
高額なアルバイトだと思えば
「はいはい、またいつもの
お取替えですね」と素直に聞き入れられるのが
人間の性です。

 

90過ぎて老人ホームに入ってから
痴ほうがすすんでしまった祖母ですが
私たちが面会に行くと、
枕元にある箱から、1万円札を出し
「これで美味しいものでも食べなさい」
と配っていました。

 

この時の祖母には、お金を管理する能力が
なかったため、
家族の誰かが補充していた1万円札。

1万円の価値を理解していなくとも
それを毎回嬉しそうに配る祖母。

このお金の出所は、祖母自身からです。

 

私は、50歳を過ぎたあたりから
「老後は、小室の祖母のようになりたい」
と切実に思うようになりました。

 

老いたら、一人っ子の娘に
絶対に迷惑はかけたくない、
とは思っていますが
こればっかりはどうなることやら、
誰にも分かりません。

 

痴ほうになっても、
尚のこと不労収入を得て、
自分の葬式代どころか
家族に遺産まで残してくれた祖母。

私の目標とする方です。

 

不労収入は
年老いてからはもちろんのこと、
・生まれつきハンディのあるお子さんも
・学校に行けなくなってしまい
学歴がつかず、就職が出来なくなった
お子さんも
・ある日、突然シングルマザーになった時も
必ずや支えとなってくれます。

 

でもね、不労収入って
どうしても元手となるお金が必用になります。

今は、「1万円から出来る投資」もありますが
それでは、スズメの涙レベルで
生活費を賄うまでに、到底いたりません。

 

だから、ある程度の元手をつくる
期間が必要なのです。
その期間を、子供の時から意識できれば
未来は大きく変わってきます。

今日のこのメルマガを読んで、それでも
「お金の話は卑しい」
「子供にお金の話は必要ない」
と思う方は、いらっしゃらないのでは
ないでしょうか?

・何が負債で何が資産か分からない
・貯金って一体いくらあったら良いのか
分からない
・投資をしたいけど、何からして良いのか
分からない
という方に、ぜひ参加していただきたい、
と思います。

 

春休み特別講座
「お金のがっこう」

日程
①3月31日(水)
②4月1日(木)
③4月4日(日)
④4月5日(月)
⑤4月6日(火)
*開始時間は全て21:00~22:30
*一人で受講しても
親子で受講しても税込み42,900円
*参加者は新中学生以上
*大人の方も参加可能
*ZOOM講座
*録画受講も可能(視聴は配信から1ヶ月間)

 

ちなみに弊社Terakoya Kidsは、
・年商5億円
・私の年収は3000万円以上
・2019年度、2020年度の経常利益は、
4000万円
(経常利益4000万円以上ある中小企業は、
421万社の中のたった3%)
・税金は毎年都内にマンションを
買えるぐらい支払っている
・社員1人辺りの粗利益は、
3600万円

 

ただ今、参加を検討している方からの
質問を募集しています。

中学生・高校生の質問も
楽しみに待っています。