一般社団法人 日本親勉アカデミー協会

遊ぶように勉強し、日本の未来を創っていく子供たちを増やす

協会からのお知らせ

2017年06月21日

セーフな出来事、アウトな出来事

1週間で勝手に勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法 親勉!

日本親勉アカデミー協会 代表

小室 尚子です。


先日、協会アワードの
パーティーに出席しました。

まさかの受賞。

1ミリも受賞するとは
思ってなかったので、
何度も呼ばれて、
やっと気がつく始末。

「日本親勉アカデミー様」
「日本親勉アカデミー様」
「日本親勉アカデミー様」

全く気が付かず、

他の理事長と話している私。

「小室さん、呼ばれていますよ」
「えっ??? 私?!!!」
とシーーーンとした会場中に
響き渡る私の声・・・

ステージで表彰されている私の
頭の中をずっとめぐっていたことは
「下駄履いてこなくて良かった・・・」
という事。

だって、私、この季節
下駄を履くことを習慣としているのです。

実はこのメルマガを書いている今も
足元は下駄!!!

いやーーー
セーフで良かったよ・・・
とほっとしたのは束の間

この後、アウトな出来事が
起こりました!!!

表彰が終わった直後、
娘からメールが来ました。

そこには、
「ママ、電気代払い
忘れたでしょ?
電気がつかないよ…」
との文字がっっっ!

えーーー、マジですか!
娘、テスト中なんですけどーーー

大学進学に関わる大事なテストを、
明日に控えているのに
勉強出来ないじゃん!

慌てて我が家の近所にある
ホテルに電話し
「今日、一泊したいんですけど…」
電話をしました。

いつもラウンジを
利用しているホテルだから、
スタッフとは顔見知り。

ど近所に住んでいるのを
知っているので、
「何かございましたか?」
と聞くバトラー。
「あの… 電気が使えなくて…」
「それは大変ですね、小室様」
いや、支払いを忘れただけなんだけど…
とは言えず、
娘が先にチェックインするから
宜しくお願いします、と伝えました。

パーティー会場に戻ると、
華やかな雰囲気、豪華なメンバー、
みなさんからいただく
「おめでとうございます」のお祝いの言葉。
「ありがとうございます。
(でも、私、電気止められるような
理事長なんです)」と言えない複雑な心境…

22時近くにホテルにチェックインし、
ベッドに横たわり、
今日一日のことを振り返る。

とここで、旦那に
連絡してないことに気付く!

一瞬「あの暗闇に帰ったら面白いよな」
と思いましたが、
さすがに可哀想なので連絡しました。

旦那がどこに泊まったのかは知らん。

そして翌日には、
ホテルから講演先の
さいたまのぎんれい幼稚園に向かった私。

 

誰も、偉そうに話している
女の家の電気が
今とめられているとは、
想像してまい…
と思いながら、講演してきました。

 

講演が終わった後、
速攻で東京電力に連絡をする。
漆黒の我が家に、再び光がさしました!

こんな私ですが、教育者です。
教育でご飯を食べています。

だから、お母さんたち
細かいことには
気にしなくて大丈夫!

電気とめられるような家でも
子供はすくすく育つからーーー

 


記事作成:日本親勉アカデミー協会 事務局

 

 

子育てに役立つ親勉無料メルマガ

pagetop