HOME  >  協会からのお知らせ

先日、出版社より
連絡があり、
ウンチく王の増刷が
決定しました!

「めざせ、ウンチく王
チョクソレートSOS大作戦!」

これも皆様のおかげです。

ウンチく王の本に
関連する活動として
この夏、東京・仙台・広島の
3箇所にて、お子さんむけに
このような講座を企画しております。

「著者が教える、
本が出来るまで」

私、小室尚子が各地に伺い、
どうやって本をつくるのか?
本が出来るまで、
どんな人がどんな
関わり方をするのか?
ということを、お話しします。

この企画は、
もともと発達障害の
お子さんのために、と考えました。

著者の中には、
子供の頃、発達障がいだったのでは?
と言われている方がいらっしゃいます。

黒柳徹子さんや水木しげるさんの
お名前があがることも。

仕事をする上では、
マルチタスクと呼ばれる
色々なことを
同時に処理する能力を
必要とされますが、

本づくりにおいては、
その反対の
シングルタスクになる場合があるのです。

発達障害のお子さんは
マルチタスクは苦手でも
シングルタスクに
優れていることが多いのです。

私が今まで一緒に仕事をしてきた
・編集者
・イラストレーター
・デザイナー
・ライターは、
個人事業主の方もいます。

つまり、会社に属しないで、
働いている方が、
たくさんいらっしゃるのです。

自分の裁量で選べる仕事は、
発達障害のある方には
とても有効です。

そんなことを、
お子さんでも分かるように
あれこれ考えながら
つくった講座が
こちらになります。

でね!!!

先日、その講座のテキストを
発注した先のイラストレーターさんと
一緒に見たのですが・・・

すごくいい!

お子さんうけするように、
パルゴンとかウンチく王とか
たくさん出て親しみやすく
分かりやすくしているのですが

すごくいい!(2回目)

大学生の娘にも
受けさせたいくらいの内容です。

だから、今後、東京・仙台・広島以外でも
やることにきめました!

発達障がいのお子さんはもちろん、
そうでな健常児のお子さんも、
参加可能です。

勉強は、
将来の仕事に役立てるのが一番だと
私は考えています。

遊ぶように勉強し、
遊ぶように仕事をする子供を育てるのが
親勉の理念。

そういった活動を
今後も広めていきたい、
と考えています。

○○○ さん、こんにちは。

 

年をとるにつれ、
物凄い勢いで
月日が流れております・・・

そんな真っ只中の2019年6月27日、
ユウウツな気分を吹っ飛ばす
楽しい児童書が発売されました!

めざせ、ウンチく王
分数チョクソレート
SOS大作戦!

もちろん、著者は、
私、小室尚子でございます。

「分数チョクソレート」などと
タイトルはふざけていますが、
読むだけで
分数や長さや重さやかさなどの
概念がまなべる
れっきとした学習本です。

3歳から小学校高学年までを対象とし、
本が苦手なお子さんでも楽しめるように、
ゲームや迷路やクイズを
たくさん掲載しています。

フェイスブックの方には、
早速購入してくださった方の感想が
掲載されておりました。

=====

お母さん!いつ読めるん!?
早く読みたいねんけど!!

少し前から、何度も聞かれてました。

ウンチく王大好きな小1長男に。

発売日は27日!!もうちょっと待って!!

そして、昨日、
ついにAmazonで予約してた分が
届きました!!

大阪サミットのため小学校がお休みで、
家にいた長男。

インターホンが鳴って、
宅急便でーすの声に、
たぶんウンチく王やで!
と言うと、
めっちゃ嬉しそうにソワソワ。

マンションの
エントランスから玄関まで
クロネコヤ○トさんが来るまでの間も
待てないくらいドキドキ。

遅いなぁ!とか言っちゃって。笑
ほかの家もまわってるから、
待ってあげて!笑

届いて、すぐ開けて、
すぐ読み出しました!

お昼ご飯も食べずに。もう夢中。

笑いながら、繰り返し読んでました。

 

長男に、どのページが好きだったか
聞いてみたところ…

第1位
17ページのそのこちゃんの顔
だって、めっちゃ可愛いから♡

まさかピンポイントで
キャラクターの顔が1位とは。
全くの予想外でした。笑

第2位
分数さがしゲーム

第3位
間違いさがしゲーム

お母さん、何位まで言ったらいい?
と言われたので、
とりあえず3位まででいいよ、と。

たぶん、止めなければ全部のページに
順位をつけてくれたと思います。笑

とにかく、夢中になって読んでました。

漢字編に出てたミートふとし君が
今回も出てきたのが嬉しかったようで、
ここに出てきたよって
教えてくれました。

好きなキャラが
何度も出てくるのって
嬉しいよね。

鳥のフンボルトや、犬のジャクソン、
動物のキャラが出てくるのも
動物好きの、長男心を鷲掴み。

ゲームも面白いのに、勉強になるしで、

小室尚子先生!!
ありがとうございます!!

と叫びました。心の中で。

これで、分数にも興味を持って、
抵抗なく取り組むことができます!!

あ、分数だけでなく、
物の長さや、重さの単位。
リットル、デシリットルも出てきます!
立体の展開図も登場しました。

算数が好きになるキッカケが満載。

子どもが飽きない仕掛けもたっぷりです。

今回の算数編も、漢字編同様、
長男のお気に入りの一冊になること
間違いなし!!

お出かけのお供に仲間入りです!!

=====

やながわいずみさん、
熱のこもった感想を、
ありがとうございます!

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=207642120219241&set=a.101995850783869&type=3&theater

このウンチく王を書くにあたり、
私がめっちゃ参考にしたのは、
お笑いのナイツとドラマの相棒です。

ナイツと相棒の作品って
「伏線」がはっているものが、
多いのですよーーー

「伏線」とは、最後まで読んで
「あーーー、だからあそこで
こういうセリフを言ったのね」
「こういう行動をしたのね」
と、腑に落ちること。

それを入れることにより、
「あれ? さっきのあれって
どうなっていたんだろう?」と
もう一度、読みたくなるのです。

私が、児童書を作る上で
大事にしているのは、
何度も読みたくなる仕掛け。

児童書って、1000円以上します。

安いものではないので、
お母さんとしては、
一度読んでおしまい!ではなく

何度も何度も
読んでほしいじゃないですかーーー

なんなら、お出かけの時も
持参して、
車や電車の移動や
レストランなどで読んでほしい。

そのためには、
〇ォーリーをさがせ、
的な読むたびに発見出る
細かい絵の描写や、

何度もやりたくなる迷路やクイズ、

下ネタやギャグを入れないと、
特にあきっぽい男子は、
二度と手にとってくれません。

学習塾を10年間経営していた私が、
もし小学生のお母さんだったら
ぜがひでも読ませたい、と思う
理想の本を作りました。

勉強になるけれど、
楽しく何度でも読みたくなるように
工夫に工夫を重ねた自信作。

めざせ、ウンチく王
分数チョクソレート SOS大作戦!

只今、全国書店で
絶賛発売中です!

1週間で勝手に勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法 親勉!

日本親勉アカデミー協会

代表の小室 尚子です。

 

先日、カフェで
3歳ぐらいのお子さんと
お母さんを見かけました。

お絵描きをしていたのですが
この時のお母さんの言動が
気になって気になって・・・

 

「ちゃんと持とうねー」
「こうやって持つんだよー」
と出来なくても、
何度も根気強く教える。

 

書いている最中に
「〇まるちゃん、上手!」
「すごーーーい!
ママ、ビックリしちゃった!」
と褒める。

 

子育てを頑張っている
素晴らしいお母さんです。

 

でもね
乳幼児教育の脳科学では、
この言動は、
ブブッーーー

NGよ、NG!

 

発達を妨げる
子育てです。

 

○○○ さん、
何個NGがあったか、
お分かりになりましたか?

 

・・・

・・・

・・・

 

はい、全部です!

 

この年齢は、鉛筆なんて持てるほど
巧緻性(指先の器用さ)が
育っていません。

 

だから、鉛筆を与えるのが
間違えている。

 

それから、褒めるタイミング。

 

お子さんを褒めるタイミングは、
お子さんが「出来た!」「ママ見て!」
と言った時がベストタイミングです。

 

お子さんが言葉を話さなくとも
親勉チビーズを学ぶと
そのタイミングを
見逃さなくなります。

 

なぜなら、
お母さんに観察する力が
養われるから。

 

例えば、会社の上司が必死にPCで
仕事をしている時、
「部長、そんなに仕事して、
偉いですよね!」
話しかける部下って
アホですよね?

 

このアホな部下と同じ行為を
多くのお母さんたちはやっています。

 

部長からしたら、
例え褒め言葉でも
「黙ってろ!」
という話。

 

同じことを乳幼児も思っているのです。

だからこそ、褒めるタイミングが
とても大事。

 

昼休みの時間とか
飲み会の席とかで

「部長、この前のお仕事
すごく集中されていましたね。
私も影響を受けて、
頑張ろうと思いました」
なんて言われたら、

部長だって「ありがとう」と思うはずです。

 

でも、乳幼児には
昼休みも飲み会もない。

 

いったいどのタイミングで
褒めるのよーーー

 

というお母さんは、
こちらをご覧ください。

 

子どもが、
✔ティッシュをだしまくる
✔穴に物を詰めまくる
✔水が入ったコップに手を突っ込む

これは、いたずらではなく
部長がスキルアップするために
ビジネス英語を
勉強しているのと同じこと。

 

いたずらと思っていたことが
「今、うちの子
成長しようと頑張っている!」
と思えるようになり、一気に
子育てが楽しくなります。

 

1週間で勝手に勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法 親勉!

日本親勉アカデミー協会

代表の小室 尚子です。

 

 

そのお母さんと会ったのは、
今から5年前。

 

体験会のときから、言葉の端々に
少し違和感を感じていました。

 

小学校低学年の息子くんが
「漢字の宿題を嫌がって
なかなかしない」と悩みを
話しているものの

それは全くの嫌味がなく、
息子くんを大事に想っていることが
ひしひしと伝わってきました。

 

その数週間後、
今度は息子くんも同席の元
会うことになりました。

 

この時、違和感の理由が
分かりました。

 

普通の人には、
全く分からないささいなこと。

 

この広いカフェの中で
このことに気が付いているのは
多分私だけ。

 

それは、長年
子供に携わる仕事をしている者にしか
分からない直感。

 

私は涙をこらえながら、一言だけ
そのお母さんにこう言うのが、やっとでした。

 

「お母さん、よく一人で、ここまで
息子くんを育ててきましたね。

もう大丈夫です。
これからは、仲間がいますから」

 

それから、このお母さんは
親勉を学び始めました。

息子くんは、現在、
中学生に成長しています。

 

息子くん、来月は
こちらのチアリングフェスタの
スタッフとして、
不登校児や発達障がいのお子さんのブースの
会計係として、お手伝いしてくださいます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/cheerringfesta

 

そんな息子くんのお母さんのお名前は、
知る人ぞ知る荒かずみさんです。

 

そう、弊社Terakoya Kidsの
8協会の事務を一手に引き受けている
スーパーウーマンの荒さんです。

 

5年前にお腹の中にいたお子さんも
今では年中さん。

 

妹ちゃんへの息子くんの溺愛ぶりは
本当に微笑ましい。

 

その荒さんから、去年
衝撃発言がありました。

 

「先生、私、
親勉チビーズの

インストラクターに
なりたいんです」

 

えーーーー、荒さん、
そこに食いつく???

 

「事務局は、辞めないでね!」
とは言いましたが、
もちろんOKを出しましたよ。

 

「親勉チビーズって何?」
と思った方、

こちらは0~4歳の
お子さんを対象とした
モンテッソーリ教育と
親勉メソッドの5教科を
掛け合わせたものと
なっております。

 

この時期のお子さんって、

ティッシュケースから
ティッシュをあるだけ
引っ張り出したり

穴を見ると
ひたすらそこに物を詰め込んだり

こぼしたお茶やお水を
手で広げてペチャぺチャしたり

しますよねーーー

 

多くのお母さんは
「いたずらするのは、やめなさい」
と叱ってしまいます。

 

でもね、これ、
いたずらではありません。

この時期特有の
「成長するぞ!」という欲求の現れ、
人間なら誰しもが持っている
本能なんです。

 

それが分からないお母さんは
「キチンと育てないと」
「しつけをしないと」と
成長を妨げるような
残念な声掛けしか出来ません。

 

本能に赴くまま
欲求を満たしたいお子さんは
当然やめられるわけがなく、

 

やめさせたいお母さんと
やめられないお子さんの攻防戦。

こうしてお母さんは
イライラするようになったとさ!

という昔ばなしのオチのような
負のループが繰り返され
ついには、子育てが
楽しくなくなってしまうこともあります。

 

余談ですが、
私が荒さんの息子くんと初対面した時に
「あ、この子そうかも」と直感したのは
実は、直感ではなく観察によるものです。

私が見ていたのは、
息子くんの眼球の動き。

 

発達障がいのお子さんは、
健常児のお子さんと
違う眼球の動かし方をする場合があります。

 

先日、4ヶ月の赤ちゃんを
事務所に連れてきたお母さんがいました。

 

寝ている赤ちゃんの上で、
ハンカチを回してあやしながら
その赤ちゃんの眼球の動きをみると
発達の度合いが分かるのです。

 

○○○ さん、
私たちプロと
一般のお母さんの

違いって何か
分かりますか?

 

それは、「観察する目」を
持っているか否か。

 

観察する目を持てるようになると

なぜ、ティッシュケースから
ティッシュをあるだけ
引っ張り出したり

なぜ、穴を見ると
ひたすらそこに物を詰め込んだり

 

なぜ、こぼしたお茶やお水を
手で広げてペチャぺチャしたり
するのか、分かるようになり

 

「今、うちの子
成長しよう、と頑張っている!」
と思え、一気に子育てが
楽しくなるのです。

 

えっ、「チビーズ世代の話を
もっと話を聞いてみたい!」
ですって?!

 

残念ながら、私が得意とするのは
チビーズ世代よりも親勉世代。

 

そういう方は、
荒さんのこちらの小冊子で
続きを読んでみてください。

 

親勉インストラクターでもある荒さん。
しかも私との付き合いも長い。笑

引き出しは、無数にあります!

 

\『線をなぞる』けど、なぞるだけじゃない!!/
500人がダウンロードした
0歳~4歳の資質をぐいぐい伸ばす!
チビーズドリル『線をなぞる』
https://peraichi.com/landing_pages/view/arakazumi

1週間で勝手に勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法 親勉!

日本親勉アカデミー協会

代表の小室 尚子です。

○○○ さん、こんにちは!

 

「めざせ、ウンチく王
トイレ王国からの漢字クイズちょうせん状!」
のプレゼントキャンペーンに
170名以上の方が、応募してくださいました!

 

ありがとうございます!

 

これから、サインを書きますので
発送は、5月中旬以降となります。

 

応募された方は、楽しみに
お待ちくださいね。

 

クリアファイルとシールをセットで
プレゼント!しているこちらのキャンペーン、

まだ応募は可能です。

お申込みは、こちらから
https://www.agentmail.jp/form/ht/15450/1/

(クリアファイルとシールのデザインは、
↑からご覧ください)

 

さて本日は、先日のメルマガでも書いた
不登校児に対するお話の続きとなります。

 

現在、中学三年生の
不登校児がいるお母さんから
こんなメールをいただきました。

=====

(省略)

去年の夏休み明けから
学校へは行けなくなりました。

理由は教師や学校への不信感…でしたが、
今となればもう理由さえ分かりません。

子育て系のコンテンツを扱うかたから、

お母さんが忙しすぎる、
子供を見てるの?
毎日、ご飯を作ってる?
自己肯定力を高めてあげて!
成功体験させてきた?
ママの意見ではなく自分で決めさせてあげて。
と言われました。

なぜか私の否定から。
もちろん、それも一理あると思います。

わたしが仕事をやめたら、
学校へ行けるのか?
自問自答の繰り返しです。

以前の小室先生のメルマガで、
母親の仕事とは全く関係ないと
書かれていたことがあり、
とても安心したのを覚えております。

今さら、過去の自分を責めて続けても、
何も変わりません。

不登校は親のせい?
不登校は社会不適合者?
不登校は一生このまま?
不安にならない日はありません。

あの受験を乗り越えて、
やっと入った学校です。
中3になった息子の同級生たちが、
立派になって学校生活を送る姿が
眩しすぎて、涙が出ます。

うちの子は、学校を見ると
車から降りることもできません。
制服を着れない日もあります。

どうしてこんなことに…

ですが、気持ちを変えました。

中卒だって仕事ができれは、
生きていける。

小室先生のおっしゃるように、
中卒でも仕事をいただける場所は、
一体どこにあるのでしょうか。
そんな会社も見つけられないですし、
なにをどうしたらいいのか?
時間だけが過ぎ、
あっという間に
大人になってしまいます。
このまま息子をどうしたらいいのか。

フリースクールや
地域の「不登校は不幸じゃない」と
掲げる支援センターなどには
全く行かせる気になりません。

(省略)

=====

このお母さんのように、
我が子が学校に行かないことで
「お母さんが悪い!」と
責められた経験がある方の割合は
多いと思います。

 

まず、お母さんとお子さんは
別人格である、ということを
認めてください。

 

こんなことを言ったら身も蓋もありませんが、
プロの教育者の子供だからと言って
不登校児にならない訳ではありません。

 

現に私の娘がそう。笑

プチ不登校も何度か経験しましたし、
去年なんて、
附属の大学へ一旦入学したのに
浪人したのに、志望校に全落ち、
まだ、元の大学に残る、
という状態です。

 

正直、「私、大学辞める!」
といつ娘が言ったとしても、
「あー、そうなんだ」としか
思わないでしょう。笑

 

私は、娘が自分で決めたことを
最優先する親です。

 

仮面浪人をすることを
反対しませんでした。

 

一番大事なことは、
娘が自分で決めて
行動することです。

 

だから、私は
予備校も志望校も自分で決めさせました。

予備校には
私が一度も足を運ぶことはなく、
志望校も、どこを受けたのか
正直よく覚えていません。笑

 

「自分で決めて、
やってみーーー

失敗してもいいから、
やってみーーー」

といつも思っています。

 

でもね、こんなふうに
堂々と言えるのは
私が事業をしているから
だと思いますーーー

だって、娘が大学中退をしたとしても、
一人で食べていく方法を
教えることが十分可能だから。

 

学校に行く、行かないは、
嗜好の違いです。

 

スポーツが好きなお子さんもいれば、
ゲームが好きなお子さんや、
読書が好きなお子さんもいます。

 

それと一緒で、
学校が好きではない、
それが理由なだけです。

 

だったら、いっそのこと
行くのを辞めて、

自分の好きなこと
やりたいことを
追求すれば良い・・・

 

と言っても、
好きなことをさがすのが
一番難しいんだけどね!

 

だから、それが見つかるまで
ビジネスを介して
いろんなことを体験できる経験を
させてあげたい、と思っています。

 

今度、↑のお子さんと面談します。

私の面談は、
「どうして学校に行かないの?」
なんて一切聞かない。笑

そもそも学校に行かせることが
目的ではない。

何をやりたいのか、
それをヒアリングして
ビジネスになるかどうか
一緒に考えていくものです。

 

面談を今からとても楽しみにしています!